人とのコミュニケーション能力について

税理士として働く場合は個人や法人の税金についてのアドバイス業務や税金管理などを行うことになりますが、依頼する側はどれくらいの収入を得ているかということや税金の支払い状況などを税理士に情報として提示しなければなりません。


あまり人に知られたくない情報を仕事とは言え知られることになるので、依頼する側は少しでも信頼できる人に依頼したいというのが基本的な考え方になってくると思いますが、しっかりしたコミュニケーション能力を有している人というのも税理士として働く上でポイントになります。

また、将来的に独立開業をしたいと考えている人やその予定がある場合は自分でどんどん仕事を増やしていかないといけないのでコミュニケーション能力があることは仕事をする上で必須な能力になってきます。

税理士という仕事のイメージに対して固いというイメージがある人は多いと思いますが、税金に対しての仕組みがあまり分かっていない人だとプロでもなかなか依頼するには躊躇してしまう気持ちもあります。

そうしたクライアントの緊張感を解すことができる人間力というのも必要な要素になり、日頃から人との付き合いを大事にしている人は自然とコミュニケーションは出来上がっています。

税理士として働く場合はさまざまな仕事があるので、どのように働くかということもポイントになってきますが、自分の適性にあっている仕事に就くというのが長期的に働く上でのポイントにもなります。

パソコン操作の有無

税理士として働く場合に必要なスキルとなるのは税理士という資格を取得していることですが、資格だけ取得していてもいきなり実践の場で働いても通用しない人は多くいます。



特にパソコンのスキルを有してないことによって仕事に躓いてしまう人は少なくありませんが、最近は税金に関するほとんどの管理がパソコンによって行われており、単にパソコンでの管理ができれば良いというわけではなくセキリュティなどの管理もしっかりしないといけません。

税金に関する情報は秘匿情報というところも多いので税理士以外に知られては困るという人もいるわけですが、ずさんなセキリュティによって発覚してしまう可能性もゼロではないことから十分に注意する必要がります。

これから本格的に税理士として働くことを考えている場合は最低限のパソコンスキルはみにつけておきたいものですが、特にパソコン教室に通って学習しなければならないというわけではなく自分でもある程度は学習することができるようになっています。

税理士としての働き方にはいろいろありますが、もちろん仕事によっては仕事をしながら少しずつパソコンを使ってスキルを上げていくことができる仕事もあります。

今後も税理士の業務にITがどんどん組み込まれていくことに違いはないので、変化するITの流れに上手く順応するということも必要なことだと言えます。

また、税金についてもどんどんルールが変わっていくので変化に上手に対応していくことが大切です。

転職する場合のメリットやデメリット

税理士として転職を考えている場合にこれまでも同じように税理士として働いてきた人もいれば資格の取得ができたのでこれまでとは違う税の仕事の世界に足を踏み入れるという人もいると思います。


いずれにしても転職することによって職場が変わるわけなので、新しい気持ちで仕事をすることができることや新しい付き合いが増えること、そしてスキル的にも向上する効果が期待されます。

また、転職することによってこれまでよりも給料がさらに高いところで働くことができるなどのメリットもあり、直接的に入ってくる収入が増えることなどもプラスの要素になってきます。

一方で、これまでに税理士としてまったく経験がなく資格を取得したので転職活動している人だと仕事があってもなかなか決まらないことも多く、経験者を優遇するところが多くなっています。

この場合はアルバイトやパートなど非正規としてでも構わないので働いてきたことがあるという実績を積むことが転職活動を進めて行く上で必要な条件になってきます。

また、税理士として転職をしたからといって必ずしも前職より給料や条件が良くなるとは限らず、どこの企業も長く務めている人ほど給料が高くなるシステムになっているということにも注意が必要です。

転職してしばらくは変化する環境に体がなかなか馴染まないことによって気持ちの面で病気になってしまうようなこともあるので、その点にも注意して転職活動を進めて行きましょう。

税理士の仕事を求人サイトで探す場合

税理士の仕事を探す方法にはいろいろありますが、最近だとインターネットで利用することができる求人サイトを利用するという方法があります。


求人サイトであればインターネットの環境とそれを使うことができるパソコンやスマホの環境があれば使うことができるので便利です。

税理士の仕事も意外と一般的な求人サイトに多く掲載されているので、日頃からしっかりチェックしていれば仕事そのものを見つけることは十分に可能です。

自分が希望している条件の仕事がすぐに出てくるとは限らないので求人を探す場合は時間に余裕を持たせることも大切です。

ちなみに求人サイトを利用して仕事を探す側は基本的に無料で探すことができるようになっていますが、これは求人を出している企業や会社がマージンの支払いをしているためで、その支払ったお金の中からサイト運営費などがカバーされています。

求人サイトの中には会計や税関系の仕事をメインで取り扱っているサイトなどもあるので、このようなサイトを利用した方がいわゆる
非公開求人のような条件の良い仕事が見つかる可能性も高くなります。


求人サイトの利用については事前に情報を登録する制度のところもありますが、在職中からでも登録をして仕事を探すことができるサイトなどもあります。

少しでも自分の条件にあった税理士関係の仕事を探すという意味でも早い段階から仕事を探すことが大切で、早く動けばそれだけ良い求人情報が見つかる可能性も出てきます。

転職エージェントを活用する場合

税理士の仕事を探す場合に転職エージェントを利用するという方法がありますが、転職エージェントというのはプロのコンサルタントに仕事探しの支援をしてもらうことができるサービスのことで、会計士や税理士専門の転職エージェントのサービスもあります。


特に税理士の資格を取得してこれから始めて税関系の仕事に就きたいと考えている人からすると未経験職種への転身になってくるので、何もないところからのスタートになります。

転職エージェントによっては担当のコンサルタントが働きたい会社や企業と交渉などの橋渡しもしてくれるので、これまでに実績が無かったとしても過去の職歴などからアピールしてもらうことができます。

また、税理士として転職をする場合も書類作成や面接などは避けて通れない道になりますが、これらの添削やアドバイスについてもしっかりカバーしてもらうことができるので安心して任せることができます。


税理士として仕事をする魅力はたくさんありますが、自分が働きたいと思っていても実際に雇ってくれるところが無いことには働くことができないわけなので仕事を探すきっかけをつかむという意味でも転職エージェントの利用の意味は大きいと言えます。

ちなみに転職エージェントはコンサルタントのアドバイスなどさまざまなサービスを受けることができるにも関わらず、利用については基本的に無料となっているので費用的な負担がかからないという点でのメリットは高くなっています。